須磨・長田・兵庫

, 0

防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩く。鉄塔管理道を経て天王谷奥東服山の谷。


道標から2mくらい手前に踏み跡らしきものが西へあるのがわかる。その先には鉄塔が見えているので鉄塔巡視路というわけか。


やや急な下りも、斜面には擬木の階段が続いている。


階段を下っていくと新開地線一一鉄塔。鉄塔まではしっかり道があるものの、この先はどうなのか…やや不安。


不安は杞憂に終わって、小さな尾根が続く。もう一つの天王谷ICへの下りの道とは大違いの快適ぶり。


またもや謎のTVアンテナが2つほど。斜面にケーブルが続いていた。


神戸有馬道西線五鉄塔を通過する。


さて、問題は最終地点。得てしてこうした道の最終地点は煩わしいことが多いものの…谷方向に九十九折になっていて、踏み跡も明瞭だった。


有馬街道の旧道に問題なく出ることができた。ちょうど阪急バスが通過するタイミング。道路に出て右手、北方向に進むことにする。


旧道を北へ進んですぐの地点、住宅の間に東向きに小さな道が伸びている。側溝は谷の最終地点で、写真奥がどうなっているのか気になったので進んでみる。


手前で飼い犬に吠えられ、飼い主の方が出てくる…。「お騒がせしてすみません、この先に行ってみようと思いまして…」「道はないし、這っていかなあかんで」など会話を交わす。足元にはこのようなシートがあって「歩行者通路 足もとに注意」とある。堰堤工事の置き物だろうか。


シートの道を辿っていくと堰堤に阻まれる。


H29年完成の奥東服山堰堤へ向けて進もうとするが、このように鍵が掛けられている。一旦斜面を登って、左上にある林道に出ることにした。

1 2

3

4

廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺について。前のページ

今後の下見を兼ねて千刈ダム見学。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。
  2. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  3. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。

ナレッジ記事

  1. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  2. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  3. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…
  4. 菊水山周辺についての下調べ。
  5. 神戸市背山路圖【KOBE HILL MAP】シリーズをやって…

ピックアップ記事

  1. 寒谷1基目の治山ダム左岸支流から608P。寒谷北尾根を下って…
  2. 西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
  3. 寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。
  4. 六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻ま…
  5. 岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいか…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    菊水第2ルンゼ(仮称→菊水北ルンゼ)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。
  2. 裏六甲

    鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  3. 布引・北野

    追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経て再度谷を下る。
  4. 住吉・芦屋

    住吉道から一部離れて川を溯行。本庄橋手前、森林管理道分岐から廃道田辺谷を登る。
  5. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
PAGE TOP