須磨・長田・兵庫

, 0

防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩く。鉄塔管理道を経て天王谷奥東服山の谷。


林道から堰堤を見下ろす。神戸有馬道西線五鉄塔も見えている。先程下ったのは対岸の尾根。


堰堤上流へ下ろうとするとそこには小さな谷筋。落ち葉があってスリップしそう。小滝状を慎重にクライムダウン。


この谷筋を歩いてみようと思った理由は特にない。何かしら発見があったら儲けもの…といった程度。そもそもは二本松林道と平野西尾根展望道の交差点に行くのが主目的。林道は何度も歩いているので敢えて谷筋を選択。


国土交通省の境界標がある程度で特に目新しいものはない。強いて言うなら、廃車が転がっていたことと、イノシシの亡骸があった程度。


あとはこれ、ダムの銘板の内側の構造。なんだか簡易な作り。木は腐るだろうし、ワイヤーは錆びるし一体何年くらいの耐久を考えて作ったんだろう?


源頭付近で谷筋が別れている。右俣の方はなかなかの落差があるスライダー滝状。あんなのを登る元気はなく中間の尾根筋を進むことにする。


林道と交差する手前の地点で尾根道に合流した。しかしここも笹に覆われている。ここから右下へ下れば林道と交差する地点に至る。平野谷道との合流地点でもある。


「ち 39-1-2」の道標。さて、その道標の脇にある説明板。最後にこれを見に来た。


神戸市の「119番通報プレート(命の道標)」ページにある山岳プレート位置情報のエクセルデータを見る限り、平野谷東尾根は防火道とあるけど、西尾根にはその表示はない。しかし、こうして防火線(Fire Protection Line)であったことがわかる。手入れが行き届かなくなったあとに山火事が起きないことを祈るのみ。ちなみに通報プレートの位置情報についてだけど、これは来る来る神戸、山道さんのページにまとめられているので大変ありがたく参考にさせていただいている。


帰りは林道を歩いて有馬街道へ抜ける。ロックボルト+ネットで予防治山の工事を行っているみたい。


こうしてみると随分と広範囲で工事が行われているようす。そんなに工事が必要なのかななんて思ったりしながら有馬街道の旧道へ入っていく。


その帰路の途中。道路脇の斜面が崩れていた。岩質も脆そうに見え、なるほどそうした工事も必要なんだろうと思い直した次第。特に有馬街道沿いが崩れては通行止めとなると悲惨だしね。


尾根道の取り付きまで戻ってきた。今日下った道標が示す道は思っていた以上に登山道として歩ける道だった。既報の通りの状況ながら、そうした道がなくなっていくのは少々寂しい気がする。まぁしかし道標がなくなっても鉄塔はあるわけで、巡視路の機能は続くので大丈夫かな。色々と考えさせられた山行だった。

今日歩いた軌跡

1 2 3

4

廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺について。前のページ

今後の下見を兼ねて千刈ダム見学。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  2. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  3. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…

ナレッジ記事

  1. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  2. 国土地理院電子国土Webで登山ルートマップを作る。山行記録の…
  3. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  4. 地蔵谷についての下調べ。
  5. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。

ピックアップ記事

  1. 日本の秘境100選No.064 瀞川渓谷をゆく。兵庫県美方郡…
  2. 地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返…
  3. 寒谷1基目の治山ダム左岸支流から608P。寒谷北尾根を下って…
  4. 阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  5. 天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道…
  1. 裏六甲

    射場山周辺の谷と尾根。岩稜尾根に行こうと思ったら間違えたの巻。
  2. 裏六甲

    船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。…
  3. 住吉・芦屋

    廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  5. 裏六甲

    八王子川支流滝谷(小屋ヶ谷)を登って古寺山 昔の表参道を下り、横ノ谷を登って逢ヶ…
PAGE TOP