住吉・芦屋

0

保久良神社の桜回廊を歩いてみる。七兵衛山経由で七曲りを経て有馬まで。

2019年4月6日 土曜日。9:15起床。桜の見頃ということで保久良神社の桜回廊を歩いてみることにした。おそらく満開には微妙に早いだろうけど、それは平日になるわけで…今日歩くことに。


阪急岡本駅を下車して西へ。保久良神社とは反対方向になるけど、まずは岡本南公園へ行ってみる。


今日は観桜会があるようですでに多くの人が集まっていた。


なかなか見事な咲きっぷり。とてもいい香りに包まれる。公園北側のお宅には大きな窓があって、これを毎年眺められるのは羨ましい。


公園をあとにして路地を抜けて天上川公園に来た。ここから保久良神社へ向けて九十九折の舗装路を登っていく。


途中から脇道に入る。保久良神社のことはよく知らないけど、色々と建物があったようす。宿坊とかあったのかな?


左に目をやると、神社西側にもこうした桜の回廊。


本殿前に来た。きれいな枝垂れ桜。満開間近といった感じ。


神社の北西奥から山道に入っていく。この時期の人気コースは芦屋側から風吹岩経由で保久良神社へ下るコースなのかな。


一部でニュースになっていたけど、2019年1月26日に桜の植樹が行われた。これは継続的に行われていて、保久良神社から魚屋道合流あたりまで桜回廊を作っていくもの。


今でもなかなか良い感じなので、植樹されたヤマザクラが大きくなる20年後くらいにはこの道が桜のメッカになりそう。


植樹された木が大きくなる、それまでの間にこの階段道を整備していただきたいところ。土が流されて歩きにくくてしゃーない。


休憩場所まで来た。さすがにお昼時とあって賑わっている。1つだけ空いていたベンチに腰掛けてカフェオレ休憩。完全に服装を間違えてしまい、暑い…。


休憩所をあとにして北へ進む。ミツバツツジが咲き始め。


さて、風吹岩分岐。ここまでの区間に何回「こんにちは〜」と言ったことか。今までで一番言ったかも知れない…。人気のコースだということを思い知る。八幡谷方面への森林管理歩道へ入る。

固定ページ:

1

2 3

神戸市謹製「KOBEぽすと」というアプリについて前のページ

猪ノ鼻の頭パノラマ道から長尾谷上流(竹谷〜淸水谷)遡行。記念碑台を経て石切り場跡の岩場まで。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  2. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  3. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  4. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  5. 神戸市境界石No.66 鵯越駅からイヤガ谷周辺。

ナレッジ記事

  1. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  2. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  3. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  4. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  5. 【神戸100年 写真集】明治以降の山本通周辺の風景。

ピックアップ記事

  1. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  2. 葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を…
  3. 布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  4. 桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。
  5. 見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。
  1. 西宮・宝塚

    生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経てエデンの園へ下る。
  2. 住吉・芦屋

    五助東谷(仮称)を登って五助山。五助尾根右手の700mピークから下って水晶谷左俣…
  3. 菊水・鍋蓋・再度

    石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台公園尾根を下る。
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北鈴蘭台駅まで。
  5. 摩耶

    地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返す。
PAGE TOP