裏六甲

, 2

八王子川支流滝谷(小屋ヶ谷)を登って古寺山 昔の表参道を下り、横ノ谷を登って逢ヶ山 北西尾根を下る。


古寺山は迷路のようになっていて、あちらこちらに案内板があって、初見なら迷うと思う。今下っているのは昔の表参道。途中の切り開かれた区間からこのあと登る谷筋(写真中央の峠へ続く谷)を見る。


道なりに下っていって辿り着いたのはこの辺り。写真右奥の逢山峡方面へ進んでいく。


東山橋手前からもう一回これから登る谷筋を見る。距離は思った以上に短そうだ。


もう一回、ここで「六甲_摩耶_再度山路図」の当該箇所のおさらい。これから登る谷が赤枠に白文字の「横ノ谷」。こうして見ると上流付近は「頽岩」や「崩土」が見られ崩落激しいようす。一体どんな谷なのか…。


東山橋を渡って北へすぐ。東へ向いてこれから登ろうとする谷を見る。底張り、床固め工の連続だ…。「これは期待できないな…」と悩むも、当初の計画通り結局この谷を登ってみることにした。


石積みの堰とコンクリの床固めの連続で辟易しているところに巨大な治山ダム。右岸から巻こうとするとクレモナロープが垂れ下がっている。上流側の水抜きパイプには枝が突っ込まれていてステップ代わり。こんなところを行き来する人がいるんだなぁ。


どこまで行っても変わらず石積みの堰とコンクリの床固めの連続。
この巨大な治山ダムは右から越える。堰堤の上流側は珍しい形の鋼製の土留だった。


これが最後の堰。支流側にも架かっている「くの字型」。よほど崩れた谷筋だったのか…。
正直この谷を歩いたのは意味がなかったなぁと思いながらも、ここまで谷を堰堤で固めた意味に思いを馳せる。


最後の堰を越えたらそこはもう源頭で、あとは鞍部に向けて登るのみっていう展開。


鞍部から北の方向へは明瞭な踏み跡が続いていた。これに沿ってしばらく下るも、道を失ったたり、谷筋上部をトラバースしたり、なかなか面倒な展開だった。


結果下り着いたのはここ。風呂の谷の下流域の舗装路。このまま道なりに下っていく。


神鉄有馬口駅でゴール。古寺山は迷路のようだし、逢ヶ山もなかなか侮れないな。この山域は慣れるまでもう少し攻めて行こうかなと思う。
※最後の方でスマホのカメラが4:3から16:9に変更になってしまっていた。これは反省。どうもカメラ設定がおかしい…。

今日歩いた軌跡

着替えているときに出会ったカエル
(お尻を突くとキュッと鳴いてかわいかった)

ページ:
1 2

3

【お知らせ】摩耶_長峰山詳細登路図と有馬四十八滝概念図について※2020.6.18変更あり前のページ

長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。次のページ

コメント

  1. muscleさん、こんにちは~(‘ω’)ノ
    日曜日は思いっきりラムちゃんのテリトリーにいらしてたのですね!
    そのころラムちゃんは丹生山系の方をうろついてました。
    古寺山~逢ヶ山周辺を歩いてたら
    バッタリ会えたかもしれませんね。
    残念っ!

    しかしまた、というか
    相変わらず、というか
    マニアックなとこ攻めてましたね。笑

    あまりにも地元すぎると
    いちいち地図なんて見ないのですが、
    改めて
    「えー!あの谷、ちゃんと名前あったのか!」
    とのけぞりました。

    いつもラムちゃんと2人なので、
    あまり谷そのものを歩くことはせず、
    近くの斜面上の踏み跡や獣道を歩いたりしてるのですが、
    今回のルート近辺で人に会ったことは無いです。

    地元の地図もちゃんと見ないとな、と思いました!
    今さらながら色んな発見がありそうです。
    いつものことですが、
    muscleさんのお陰で勉強になりました☆

    • 月さん こんばんは~

      また見たことがない滝を探しに
      行かなきゃ…、行かなきゃ…(笑)

      古寺山は西からも北からも登るのがなんだかやっかいですね。
      しかし、その分あまり人がいないのでしょうか。

      もうちょっとこの周辺は歩いてみようと思う次第ですが、
      いかんせん虫が気になる季節。
      この日もふくらはぎを刺されまくりました。
      虫の類には本当に気をつけましょう!

      いずれ?ばったり出会った際はよろしくお願いします。
      (だからなにを?)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  4. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  5. 神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷か…

ナレッジ記事

  1. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  3. 地蔵谷についての下調べ。
  4. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  5. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…

ピックアップ記事

  1. 菊水第2ルンゼ(仮称)を登る。菊水ルンゼ北の谷から菊水山へ。…
  2. 石井ダムこもれび広場を探索。ドングリの森谷筋を登り、新鈴蘭台…
  3. 北黒五山から雨ヶ峠へ。支尾根を下り長谷(河原ヶ谷)を登り返し…
  4. 桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。
  5. 布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視…
  1. 摩耶

    岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつできるのかしら。
  2. 住吉・芦屋

    芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中断。
  3. 須磨・長田・兵庫

    防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩く。鉄塔管理道を経て…
  4. 住吉・芦屋

    廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  5. 住吉・芦屋

    夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
PAGE TOP