摩耶・長峰

, , , コメント: 2

岩屋瀧上流 婆谷(ばばだに)を登る。婆谷第二砂防堰堤はいつできるのかしら。

2017年5月21日 日曜日。5:30起床、8:40起床…そして三度寝からの11:50起床。薄曇りでどうも山に行く気もせず神戸まつりの放送を見たりしながらダラダラしているとわずかに晴れだした。というわけで山に行く。(どうあれ結局山に行くのはいつもの展開)。六甲砂防事務所のHPでちょくちょく河川事業のPDFを見たりしている。その中で「婆谷第二砂防堰堤」の文字が目に留まった。年度ごとに調査費用なのか700万円とか、900万円とか予算が割かれている。近いうち谷にもう一つダムができるというわけ。


13:00過ぎに自宅を出発。青谷バス停で下車。ところで市バス2系統は布引で時間調整でしばらく停まることが多い。随分長く停車しているなと思ったら、手違いらしく後ろに停まっている次のバスが本来先行するバスだったとのこと。後ろのバスに乗り換える。…そんな手違いがあるんだなぁ。青谷BSで下車して青谷道を登っていく。


13:55 太龍院に来た。この木橋の下を流れている渓流が婆谷(ばばだに)。青谷川の「ばばだに」と言えば「老婆谷」なんだけど、もう1つの「ばばだに」がここ。


太龍院の鳥居をくぐって岩屋瀧。この上流へ進みたいんだけど、この滝を登るってわけにはいかなさそう。巻くにしても両岸とも険しい。一旦境内の奥から岩屋尾根取付きの道を使うことにした。


行場の上まで来た。この下は崖になっていてなかなかの高度感。この先で左に下る踏み跡がありそれを辿って滝の落口やや上に出る。


落口上から婆谷溯行を開始する。左手には旧摩耶道の板張りの道が見える。少し先には昭和59年製の婆谷砂防堰堤があって、右から越える。


手前で1基石垣の谷止を越えて少し進むと二俣。本流は右。ちょっと左俣を覗いてみるとなかなか雰囲気があるので寄ってみた。


随分崩れているけど、ゴルジュというか滝というか…。この地点の右手にも谷筋があったのでそちらも寄っておくことにする。


ここも一回くらいは歩いてみたいなぁ。先程の谷筋もこちらも、すぐに学校林道に合流する谷筋。さて、本流に戻る。


本流に戻って進むと段差程度の小滝が2本。この写真の地点の左手にも滝があった。


その右岸の滝がこれ。婆谷は右岸に結構滝があることを知る。とは言え、どれも滝を越えたら貧相だろうと思う。


手前で1基谷止を越え再び右岸、ちょっと入ったところに滝があった。これはなかなか大きく10m弱。多分婆谷で一番大きな滝ではなかろうか。ツルッとしているけど、右にクラックがあって、上段を左に抜けるというルートなら直登はできそうに思う。


さて顕著な二俣。本流は右。左俣右俣とも2年前に行ったけど、今日は右へ。(右俣溯行時の写真がボロボロで撮り直しの意味合いで来た。)


予想にしかすぎないけど、おそらくここに婆谷第二砂防堰堤ができるんだろう。周囲には杭やテープなどが多く見られる。

ページ:

1

2

コメント

    • 長峰大好き
    • 2017年 5月 27日

    こんにちわ!
    青谷の婆谷は行った事がないのですが似た老婆谷といいよくこんな険しい所をサラッとこなされますね、
    訪れて近くで見てみたい気もしますが年寄りの冷や水,パノラマ写真をグリグリして行った気になることにしましょう。
    いつもながらの身軽さがうらやましい限りです。

    先週の記事に絡んで堡塁岩の古い写真が出てきましたので別便でお送りしておきました。
    これからも楽しい記事を期待していますよ!

    • こんばんは!

      婆谷右俣=本流はハムさんが2014年10月25日に行かれていましたね。
      http://d.hatena.ne.jp/aw2q/20141025/1414280692

      長峰大好きさんの歩いている道に比べると私などひよっこです。本当に。
      表六甲DWから見る長峰山の北面の急傾斜を見るたびにビビります。

      パノラマ写真は随分湾曲していますが、雰囲気が伝わっておれば幸いです。

      貴重なお写真の数々誠にありがとうございます。これはまた行ってみないと。(週明け別途ご連絡します)

      保塁岩、これは早く行きたいところ!今日STEP3、4を終え、妻を誘ってみたのですが…
      「う〜ん、行くのは保留かな」と言われました。
      というわけで私にとっては現状、保留岩といった感じです。トホホ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

マイナーレコ

  1. 布引谷をウロウロ。谷川橋からごく短い谷を登る。
  2. 日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを…
  3. 寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。
  4. 日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  5. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  6. 法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山…
  7. 廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。
  8. 奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳か…
  9. 岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいか…
  10. 生瀬から大多田川右岸支流の不動谷溯行。宝塚最高峰岩原山を経て…

謎が出てくる回

  1. 蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷…
  2. 灘区六甲山町南六甲の崩落斜面を見に行く。前ヶ辻谷上流右俣から…
  3. 市ヶ原の茶屋、井戸、ゴルフ場跡を確認しながら世継山へ登る。
  4. 須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東…
  5. 西滝ヶ谷右俣から西お多福山。周遊歩道を西へ下って水晶谷から極…
  6. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  7. 東山崩落斜面がどうなっているのか確認。西谷川(狐西谷)支流を…
  8. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  9. Black Rock Ridge 黒岩尾根由来の「黒岩」はど…
  10. 生田川流域廃ポンプ場巡りの下見。その後北ドントリッジを経て森…

ナレッジ記事

  1. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  2. 昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲…
  3. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  4. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  5. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  6. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  7. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  8. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  9. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  10. 裏滝道を歩いて布引の滝へ。旧生田川両岸の道路を歩いてみる。

シリーズ山行

  1. 神戸市境界石No.72-77 平野谷西尾根から極楽谷経由で再…
  2. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  3. Jizo Valley 天狗峡旧道を経て地蔵谷を登る。道中に…
  4. Tenseien-Path 天清園道・菊水山・城ヶ越・神戸ア…
  5. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  6. 神戸市境界石No.75-76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  7. 神戸市境界石No.116-87 県立美術館を起点に青谷道、東…
  8. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  9. 神戸市境界石No.82-98 黒岩尾根から神戸市中央区と灘区…
  1. 住吉・芦屋

    奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳から六麓荘を経て苦楽園…
  2. 摩耶・長峰

    青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  3. 菊水・鍋蓋・再度

    Tenseien-Path 天清園道・菊水山・城ヶ越・神戸アルプス・甑岩。
  4. 住吉・芦屋

    蛇谷下流から東蛇谷を登る。尾根を経てP715から下って滝ヶ谷右俣。
  5. 摩耶・長峰

    葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を破線道通りに下る。
PAGE TOP