ナレッジ

, 5

【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。

生田川付替 生田川は当時、布引から現在のフラワーロードを流れ海に注いでいたが、大雨のたびにはんらんし、被害が外国人居留地にもおよんでいた。そのため、外国側の要請もあった明治4年、布引からまっすぐ南下する流路に付け替えた。今の生田川である。そして、旧河川敷は埋め立てて、現在の加納町が誕生している。

生田川付替 生田川は当時、布引から現在のフラワーロードを流れ海に注いでいたが、大雨のたびにはんらんし、被害が外国人居留地にもおよんでいた。そのため、外国側の要請もあった明治4年、布引からまっすぐ南下する流路に付け替えた。今の生田川である。そして、旧河川敷は埋め立てて、現在の加納町が誕生している。

工事中の生田川 ●布引からみた旧生田川と神戸港。正面上に外国人居留地、左下に新生田川がみえる。

工事中の生田川 ●布引からみた旧生田川と神戸港。正面上に外国人居留地、左下に新生田川がみえる。

右上に続く昔の生田川。流れが二本あるのがわかる。新生田川に架かる橋が現在の布引橋かな。

新・旧生田川を望む●中央が埋め立てられた旧生田川。左下やや斜めが新生田川。生田の森も右に。明治中期。

新・旧生田川を望む●中央が埋め立てられた旧生田川。左下やや斜めが新生田川。生田の森も右に。明治中期。

こうしてみると海がえらく近い。埋め立てられていったんだなぁ。

昭和47年新神戸

昭和47年新神戸

1

2

ヤマモモを収穫しに山に行く。ミニヤギってカワイイんだなぁ。前のページ

【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。次のページ

コメント

  1. shiratoriさん こんばんは。

    そのあたりの事情については、仁王門のことも含めてほとんどわかりません。
    今回いただいた情報をもとに調べてみたいと思います。

    壁面を削り取った跡、これが具体的にどこなのか…また見てみたいです。

      • shiratori
      • 2017年 7月 31日

       「仁王門の経緯」お調べいただく機会がございましたら 是非、お願い致します。

       沿道の「お土産店」其の痕跡については、(1)急坂を登りきった右側に、一坪程の木造物、それも間口1.m?・・・、(2)砂子橋を渡らず、左道直ぐの壁面に「長方形のお皿のような形状」で削り取った窪みの面が跡地です。
       後の二軒はテントのような組み立て式でしたので、痕跡は恐らく見当たらないでしょう。

       

    • shiratori
    • 2017年 7月 30日

    写真にあります「布引公園」について、手持ちの資料によりますと、訪れるお客様に提供する飲食が「不味くて高い」そんな不評の噂が広がり事業が続かなくなったとの記録が残っておりますが・・・・その後、川崎正蔵が砂子山(砂山・昌山)一体を所有されたのでしょう。

    ぼくの昭和20年代の記憶ですが(新幹線の高架下上り口から約60mの急登、右側の建物が「お土産店」左を曲がりそのまま直進、左側面にお土産店3店「其の足跡がかすか残っており目にすることが出来ます。壁面を削り取った跡が」其の先に「仁王門」潜るとその左側に宝物が少々展示されておりました。そこで少々疑問、此の(仁王門)が何故,何時どの様な経緯で何処から移築され、何時どの様な理由で撤去されたのでしょうか・・・其の辺りを知りたいものです。(加茂さんの所有だったのでしょうか?)

    • shiratori
    • 2017年 7月 29日

    (明治の布引)拝見させて戴き有難う御座いました。

    其の時代より少し古い(攝津名所図会)の俯瞰図、そして、清河八郎著(西遊草)の一編(布引の滝)安政2年5月の紀行と、アーネスト・サトウ著(サトウ日記)慶応元年の日記を読み直してみました。

    清河は「生田明神の社前から次第に山岸にいたり生田川を越え,山坂を5丁ばかり登り、布引の滝を見物する・・・滝の南側の上に茶店ある。・・・目の前の滝を眺めると、いかにも布を引いたようで、其の高さが24丈あってまっすぐ落ちている・・・)

    一方、サトウ日記では「布引滝をたずねた。神戸から3キロないし4キロにある。下の滝へ行くには脱穀所を通り抜ける・・・高さ12メートルの見事な滝で、・・・そこから約数十メートル急な斜面を登ると上の滝・・・下の滝と同じく見事な滝・・・滝の一方の側に小さな茶店があった。そこにオトクさんという、清潔でかなり美人の娘がいたが、彼女はまったく物怖じしたところがない・・・)二著から一部引用しました。

    槙有恒さん、明治32~3年頃(4~6歳頃)布引山麓にお住まいで、布引の滝や摩耶山(青谷道)を登られたそうです。小学校入学は(川の東側)と仰っていましたのでおそらくお住まいは(加納町)小学校は(雲中小学校)と推測します。入学後まもなく京都に越しましたので当時のご記憶は定かではありませんでした(昭和60年茅ヶ崎のご自宅でご面談) 

    布引の滝についてお詳しい方は、雌滝で(お休み処)を営んでおられた(加茂さん)でしょうか、既に廃業されて50年以上?なりますか、現在ご自宅が敷地内に建っております。布引の滝史についてご存知かも・・・

    • shiratoriさん こんばんは。

      私、山岳会についてはまったく知らず、こうしてコメントを頂くたびに調べて知識を得ている状態です。
      大変貴重なコメントをこうしていただけてありがたく思います。

      雄滝茶屋の女将さんは現在で4代目。歴史があります。
      雲中小学校は以前住んでいたところから数十メートル先、見下ろせる場所にありました。
      創立は明治6年と言いますから、これもまた歴史がありますね。

      加茂さんは、防空壕としても利用されたという、弾丸列車の調査抗についてもお詳しいのでしょうか?
      以前少しばかりフェンスの先、階段を覗き込んだだけで…。気になっているところです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  2. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  3. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  4. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  5. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…

ナレッジ記事

  1. 山行記録のルート表示方法をどうしようか…国土地理院地図は使い…
  2. 市バス25系統停留所の名称について問い合わせる。だいりゅうじ…
  3. 端折っていた写真も別の形で載せたい。Smart Slider…
  4. 摩耶山周辺の杉の固有名称、天上寺の千年杉などについて。
  5. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…

ピックアップ記事

  1. 布引谷をウロウロ。谷川橋からごく短い谷を登る。
  2. 葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を…
  3. 焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る…
  4. 石楠花山南東 六百谷(仮称)を登り六百山を下る。
  5. 寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
  1. 住吉・芦屋

    奥山精道線カーブNo.10から破線道の谷を行く。ゴロゴロ岳から六麓荘を経て苦楽園…
  2. 摩耶

    摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平道を辿る。
  3. 須磨・長田・兵庫

    【KOBE HILL MAP】徳本上人妙号岩 探訪。苅藻川遡行から鵯越墓園水無池…
  4. 布引・北野

    布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  5. 裏六甲

    仏谷を登って仏谷南尾根を下るという寄り道を経て、シラケ谷を登る。
PAGE TOP