菊水・鍋蓋・再度

, 0

天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?

DSC_0235
水呑バス停から阪急バスで帰ろうかってくらいヘバッている。10分間ほどクールダウン。水分補給して休む。奥に民家が見えるこの場所。ガードレールの橋の下、ここが天王谷川支流、鍋蓋地獄谷。本当は天王ダム内、最下流域から行きたかったんだけど、しようがない。

DSC_0242
谷沿いを進むと私有地立入禁止がある。一旦右手にある支沢に入る。

DSC_0243
割りと進みやすい道になっている。

DSC_0245
適当なところから左斜面にとりつき、尾根を乗り越えて入渓する。

DSC_0249
14:48 なんだか悲惨な状態のところに降りてしまった…。見なかったことにして上流へ進む。

DSC_0262
一部に水流は見られるけど、ほぼ伏流、岩屑と藪の谷。あえて歩く意味は見出だせない。なんで「地獄谷」と名前があるのかもわからない。

DSC_0265
進んで二俣。本流は右俣、なんだけど左俣に明るい岩が見えるので寄る。

DSC_0266
樋状滝。倒木やらで全景を撮るのが難しい。撮影ポイントを探していたらドボン。結果こんな写真だけ…。滝を登り越えると…


上段にも滝。よく削られている。六甲山では珍しい。周囲の景色もあって秘境感がなくもない。左俣に入っているので右俣に戻ろう。右手斜面に入る。

DSC_0283
尾根に出た。右前方を見ると新地獄谷砂防ダムが見える。下ってダムを巻くのも面倒なので、尾根を登ってダム上流まで行ってしまおう。

DSC_0292
尾根道にはテープ類が見られる。左に曲がるこの位置から正面谷に下ることにする。

DSC_0294
谷からは随分高い位置を歩いてしまっている。藪を掻き分け下るのに一苦労。なんとか戻って遡行再開。

1 2 3 4

5

6

新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所に問い合わせる。前のページ

鵯越駅から石井ダムを経て、菊水ルンゼを登る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.78 再度山山頂の北側にて。蛇ヶ谷右岸から…
  2. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  3. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  4. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  5. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…

ナレッジ記事

  1. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  2. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  3. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  4. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  5. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…

ピックアップ記事

  1. 布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  2. 布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  3. 布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視…
  4. 寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。
  5. 蛇谷北山南西の岩稜尾根を登り、南東尾根を下る。芦屋市最高峰周…
  1. 住吉・芦屋

    阪急岡本から八幡谷遡行。ハブ谷を詰めて横ノ池の雌池まで。
  2. 長峰

    焼小場谷(ナバ谷)を登って、最終右俣から長峰山頂天狗塚へ至る。
  3. 裏六甲

    【古道を歩こう】山田道をできるだけ忠実に辿ってみる。上谷上から森林植物園内へ。
  4. 西宮・宝塚

    見返り岩から丁字ヶ滝を経て丁字谷を登る。
  5. 布引・北野

    北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
PAGE TOP