須磨・長田・兵庫

, 2

神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池へ下り雲雀ヶ丘。


進むと「あちらむき公園」なる変わった名前の公園。妙法寺あたりは変わった地名がたくさんある。ある方のブログで見ていた。


鹿松住宅の西側を抜けて行き、北上。


淋しげな、いや恐ろしげな坂道を進んでいくと分岐。左奥へ進んでいく。歩いて良いものなのやら…。


ここを右奥へ進む。先で分岐。左へ進むと檻の中にイノシシが2頭。右へ進むことにした。左手に小さな溜池を見ながら進み一部で藪を抜ける。


笹薮を抜けると獅子ヶ池の南西角に辿り着く。
ながたのまち情報によるとその一文に

守池や大池など中ノ庄7つ池といってすべて池田村が所有していましたが、残っているのは鹿ヶ池(現在の獅子ヶ池:須磨区)だけです。四周ヶ池ともいっていましたが、お布施で妙法寺にあげたと記録に残っています。

とある。四周ヶ池…そういえば再度山史話付録の折込図の神戸市背山路圖にあったよな…。


それがこちら。シシュー池とある。ながたのまち情報館のページには蓮池の話もあって面白い。林田区に獅子ヶ池は含まれていたんだけど、現在は須磨区。WEB地図などで見ると現在の境界はユニークな形だと思う。


池の西側を周回する。「港が見える展望台」もあるようだ。寄ってみたいけど、時間がない。先を急ぐ。


もう随分歩いているんだけど、肝心の石柱が1つも見つけられていない。池にはカモだかオオバンだか、渡り鳥だかの類が群れていた。


池の北側にある鉄塔を巻いて進む。ここまでおよそ11.5km。ろくな結果も得られず項垂れる。しかし…


獅子ヶ池の北東でついに神戸市境界石を発見する!池の形が長方形でどこかの角にきっと石柱があるんだと思っていたけど、やっぱりあった。テンションがあがる。

ページ:
1 2 3 4

5

6

コメント

    • isoroku
    • 2017年 1月 23日

    Muscle Turtle様
    はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
    市界石柱確認よかったですね。
    さてBOOKOFF2号神戸長田店の敷地の南西角に石柱マークですが、すでにご承知かもしれませんが、電電公社(現NTT)のマークではないでしょうか。実地を見ていないのでわかりませんが。
    ではこれからも更新楽しみにしております。

    • isorokuさん おはようございます!

      あれは電電公社のマークでしたか。教えていただきありがとうございます!
      石柱シリーズでは街中歩きをするときもあるので、
      これも気にしながら歩いてみようと思います。楽しみが広がりそうです。
      ※記事中に加筆させていただきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  2. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。
  3. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…

ナレッジ記事

  1. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  2. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  3. XperiaXZ1 Compactに機種変更 試し撮り+αで…
  4. 次はどこへ行こうかな。「六甲摩耶再度山路圖」を見て計画をねり…
  5. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…

ピックアップ記事

  1. 芦屋川下流域遡行。知らなかった滝群に出会う。弁天滝で遡行を中…
  2. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  3. 防火線尾根の現在。平野西尾根展望道(天王谷東尾根)を改めて歩…
  4. 長峰山北面の谷。西谷の6m滝手前から支流に入って長峰山天狗塚…
  5. 楽生公園から上野道経由で掬星台。桜谷を下り、徳川道を経て摩耶…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ越・神戸アルプス・甑…
  2. 裏六甲

    裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左俣で詰める。
  3. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
  4. 布引・北野

    布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視路。布引谷から下山。…
  5. 裏六甲

    仏谷を登って仏谷南尾根を下るという寄り道を経て、シラケ谷を登る。
PAGE TOP