須磨・長田・兵庫

, 2

神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池へ下り雲雀ヶ丘。


ザレ場というか岩尾根というか。風化した露岩でスリップに注意が必要。ロープを頼らなくても問題はない。

右に目をやると遠くに摩耶山。こうしてみると高取山含めて西は六甲山系に含むのは無理があるように思える。


左手は植物があるんだけど、右側は切れている。ちょっと緊張感があって楽しいい。


さらに登っていくと大燈籠に出会う。


明治四十三年建立。神戸市境界石は明治三十三年。この時代のものにはロマンがある。


すぐの道標。山頂には寄らず、右丸山・長田方面へ下る。


すぐの右脇に石柱が埋まっていた。が、これはどうやら高取神社の神域を示す区界のよう。


ミャ〜っと猫が出てきた。ハイカーからおやつをもらっているんだろうな。ごめんね、今は持ってない。


月見茶屋をすぎて、広場に出る。その裏に「御劔大神」などの石碑。高取山…これはネタが多そう。


下っていくと北へこれから向かう「獅子ヶ池」が見える。削られた山肌が痛々しい。


ちなみに「神戸古今對照地圖」で見ると上部の池。林田区に属している。


さて、華の湯まで舗装路を下ってもいいんだけど、区界は尾根筋だ。右手の藪に入る。プラ製の杭はあるんだけど石柱は見られず。


どうにもこうにも進みづらくなり、結果華の湯方面に下ることにした。


横断歩道を渡り、右奥へ進んでいく。

ページ:
1 2 3

4

5 6

コメント

    • isoroku
    • 2017年 1月 23日

    Muscle Turtle様
    はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
    市界石柱確認よかったですね。
    さてBOOKOFF2号神戸長田店の敷地の南西角に石柱マークですが、すでにご承知かもしれませんが、電電公社(現NTT)のマークではないでしょうか。実地を見ていないのでわかりませんが。
    ではこれからも更新楽しみにしております。

    • isorokuさん おはようございます!

      あれは電電公社のマークでしたか。教えていただきありがとうございます!
      石柱シリーズでは街中歩きをするときもあるので、
      これも気にしながら歩いてみようと思います。楽しみが広がりそうです。
      ※記事中に加筆させていただきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  2. 神戸市境界石No.46 高取台中学校北側の高取高層配水場の脇…
  3. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  4. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  5. 学校林道へ神戸市境界石90号と93号を探しに行くが…2日連続…

ナレッジ記事

  1. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  2. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  3. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。
  4. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  5. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…

ピックアップ記事

  1. 長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落とし…
  2. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  3. 西山谷の支流を登る。右俣を3本経由して天狗岩へ。
  4. 三森谷東尾根から再度谷の無名支流を下って大滝に出会う。
  5. 猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。
  1. 住吉・芦屋

    夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  2. 摩耶

    法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山史跡公園まで。
  3. 住吉・芦屋

    芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山から甲陽園まで。
  4. 摩耶

    青谷川支流の婆谷左俣を登る。途中の大滝に寄り道。
  5. 摩耶

    寒谷2基目の治山ダム右岸支流を登り、4m級の巨木に出会う。
PAGE TOP