住吉・芦屋

, 0

高橋川水系 要玄寺川(中野村谷川)遡行。阪神深江から薬科大脇を抜けてドブ返し池まで。


笹薮に入ってからは倒木の上を進んだり、なるべく歩きやすいところを選択して進む。


あっぷあっぷしながら笹薮を抜けていくと縁らしきものが見えてきた。おそらくその向こうがドブ返し池に違いない。


縁の下に塩ビのパイプがあった。こんな流れがあったんだなぁ。ある意味要玄寺川の最初の一滴と言えなくもないか。さぁあと少し、この上にある斜面を登っていく。


縁にたどり着いた。これがドブ返し池。なんでも江戸時代に作られた農業用の貯水池なんだとか。手前にわずかに水たまりが見られる。名前の由来は不明らしいけど、とにかく汚かったんだろうと思う。
左奥へ続く源流へ向かいたいんだけど、笹薮がひどいので一旦右手の登山道に出ることにした。


風吹岩方面の道を見送って正面奥に入っていく。


脇道の登山道?が谷筋をまたぐ地点。ここから源流へ向かう。まぁ当然笹薮に迎えられる。


かき分けながら進んでいくと、最後の最後で小さな二股。ここでそれぞれ土壁に流れは消えていったので、ここが要玄寺川の最初の一滴かな。


もう流れは見られないけど高橋川水系の北端あたりまで詰めてきた。ここまでくればどこへ出てもいいんだけれど、正面に見える鉄塔が最高点なのでそこを目差すことにする。


仁川連絡線三八鉄塔の足元で休憩。あまり長い距離ではないけれど笹薮で本当に疲れてしまった。しばし休む。


帰り道はまだ歩いていない道を潰しておくことにする。


この道は広田線の関電巡視路なんだな。知らなかったけどなかなかユニークな道だ。


梅谷(東高座谷)に降り立った。この谷を遡行したのは2017年の3月、ってことは2年ぶりか。


道路に出る前にちょっとだけど身ぎれいにしておく。山芦屋町を見学しながら阪急芦屋川駅まで。要玄寺川核心部の閉塞ゴルジュはなかなか危なかったな。もう少し手前で危機回避をしないといつか事故を起こしてしまう。

今日歩いた軌跡(妻にもう少し季節感のある花の写真とかないの?と言われたけどないんだよな…。猫以外にもう少し妻目線も考えないといけない。)

 

ページ:
1 2 3 4

5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…
  2. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…
  3. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  4. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  5. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…

ナレッジ記事

  1. 六甲山の砂防堰堤について思う。
  2. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  3. 神戸古今對照地圖で明治大正期の市郡界を把握する。
  4. 山行記録のまとめ方。Google ストリートビューで360°…
  5. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…

ピックアップ記事

  1. 裏紅葉谷 七曲滝の向こう側を見に。裏紅葉谷第二砂防ダムから左…
  2. トゥエンティクロス高雄山砂防ダム上流、河童橋奥の谷から黒岩尾…
  3. 布引雄滝 五瀧不動尊の祠裏手から谷筋を登る。
  4. 日没岩から日没東谷溯行。三国池から三国岩経由でアイスロードを…
  5. 摩耶ケーブル東の尾根から摩耶東谷を経て摩耶ロープウェー下の尾…
  1. 摩耶

    二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  2. 裏六甲

    猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。
  3. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
  4. 布引・北野

    布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
PAGE TOP