住吉・芦屋

, , , 2

寒天山道東の崩落斜面を見に行く。


山道に入ってすぐの保安林案内図。寒天山道周辺はあまり歩いておらず…ざっくりとその様子を把握。


立派な山道だ。しかし!今日のそもそもの山歩きの目標は崩落斜面を見に行くこと。ここから右手へ下ることにする。


道なりに進んでいくと、ブルーシートが見えたので小さな谷筋に下ってみた。


なんなんだろう?あまり見たことがないものだ。


周囲を見渡すとあちらこちらに「感太郎」があった。斜面崩落感知センサーみたい。


なるほど谷筋に崩落を思わせる白い砂が流れていた。


メインの配電設備だろうか?送電のチューブが至る方向に流れている。


おそらくはH26の台風11号後に設置されたであろう設備。


一角には伐採された太陽光発電設備があった。木々を切り倒して発電しているんだね。


この一帯には至るところにこうして「感太郎」がある。というわけで、ここが崩落斜面一体か?とこのときは思ってしまう。


しかしどうにもこうにもそんな崩落斜面がある雰囲気はなく…あるのはソーラーパネル。このあと一旦寒天山道に出てしまった。


山道を歩いても仕方ないので、適当な位置から右手へ入り、適当に斜面をトラバースすることにした。

1 2

3

4

苧川谷の杉尾谷右俣の滝から南の尾根へスイッチ。東山尾根を下る。前のページ

市ヶ原下流の廃屋と色づきはじめた山を見ながら神戸布引ハーブ園まで歩く。次のページ

コメント

  1. みきわめ合格後、
    やっぱり行ってましたか!山!
    しかも崩落斜面を見に行ってたとは。笑
    muscleさんらしいですね。

    それにしても途中のトラバース、
    読んでるこっちがハラハラ!
    帰って来てブログに上げてるんだから
    無事なのはわかってても
    やっぱりドキドキしました。

    本筋と関係ないですが、
    イカのお寿司!
    月の近所には「のぼり」がありますよ。
    あっちこっちに!
    なんなんだよ、強引すぎるんだよ、と
    初めて見た時から全然ピンと来ず。笑

    あとアサギマダラの乱舞!?
    来年はぜひ見に行って下さいー。
    写真撮って来てください―。
    (自分で行けって話もありますが。笑)

    なにはともあれ、みきわめ合格
    おめでとうございます!
    路上も楽しく頑張ってください☆

    • 月さん おはようございます!

      早起きからの、昼から山。なんだか充実したような。
      超安全運転でがんばります。

      イカのお寿司は定番なんですね!
      知らなかったなぁ。
      のぼりまであるなんて。

      アサギマダラはぜひ!
      忘れそうなので、今からカレンダーに入れときます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  2. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  3. 神戸市境界石No.48・49 高取山白川神社境内と安井茶屋 …
  4. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  5. 神戸市境界石No.50・56 平和台自動車学院西の尾根から高…

ナレッジ記事

  1. 地蔵谷についての下調べ。
  2. 山行記録のまとめ方改。Google マイマップで一覧を作成し…
  3. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  4. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  5. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…

ピックアップ記事

  1. 烏原貯水池放水路隧道を追う。ちりんちりんの滝から放水門まで。…
  2. 黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道…
  3. 法徳寺北尾根(仮称)から崩落現場の上へ。老婆谷を下って摩耶山…
  4. 六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻ま…
  5. 葺合町古輪谷から旧摩耶道を経て山門ノ谷へ。その後配水管の続き…
  1. 住吉・芦屋

    弓弦羽岳はどこなのか?弓弦羽神社から前ヶ辻谷西道(仮称)を経て三国岩から802.…
  2. 布引・北野

    北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  3. 長峰

    昭和13年の水害で流れた表六甲ドライブウェイ旧道を経て、六甲小槍を登る。
  4. 摩耶

    葺合町古輪谷から旧摩耶道を経て山門ノ谷へ。その後配水管の続きを確認しておく。
  5. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
PAGE TOP