住吉・芦屋

0

季節外れの岡本周回。保久良神社から七兵衛山。風吹岩を経て薬大尾根を下る。

2020年3月21日 日曜日。9:30起床。連日テレビではやれ新たな死者数が何人だの、不要不急の外出は控えてだのと…本当に滅入る。こうして呑気にブログ更新するのはどうなんだと思ったりするけれども、気候も良いし久しぶりに山に行くことにした。運動しとかないと太ってしゃーない。


阪急神戸三宮から特急に乗って岡本で下車。西へ向かい天井川沿いに北へ上がると岡本公園への案内がある。
満開の時期からは一ヶ月以上経っているけれど、見に行ってみようと思う。


公園に入ってすぐあたり、スイセンがきれいに咲いていた。


公園内の梅は99%散っていて一番上の方にある木にわずかに残るのみ。しかしとても爽やかな香りが一帯に漂っている。続いて保久良神社の梅林に行ってみることにした。

岡本八幡神社の手前、禊橋を右岸に渡り川沿いを進んでいって住宅手前。ここから保久良神社方面へ進んでいく。
一見マイナーそうな道なんだけど、意外に人が下ってくる。


13時頃ということもあってお昼休憩の人が割とたくさん。ここもほぼ梅は散っていて上の方にわずかに残るのみ。


保久良神社を抜けて桜の回廊方面(金鳥山)へ。あと1〜2週間くらいで満開なのかな。2019年4月6日に歩いているんだけど、その時は満開手前だった。
今日はこの道標や案内図がある場所の木が咲いているのみで、他はモヤッとした感じで咲くのは少し先みたい。
しばらく登って金鳥山の休憩所でカフェオレ休憩。


賑わう休憩所をあとにして北へ進むと3つに道が分かれる。七兵衛山へ向かうべく左奥の水平道へ。


今日はけっこう暑いものの、この水平道は影になっているし、風も爽やかでとても気持ちいい。


立派な根をもった大木に出会う。金鳥山方面への案内が根の間に付いているね。


八幡谷を渡って七兵衛山方面へ。そういえば2年前に八幡谷をほぼ完全遡行したなぁ。もうそんな元気がない…。とりあえず山頂へ向かいましょ。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  2. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  3. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.79 蛇ヶ谷右岸にて。錨山散歩のついでに。…

ナレッジ記事

  1. 廃道間近 命の道標「つうほうプレート ち 58-4」周辺につ…
  2. 記録に残したかった「十王山光明寺 閻魔堂」。
  3. 神戸市北区花山中尾台3丁目、阪神高速7号北神戸線下の「関係者…
  4. 地蔵谷についての下調べ。
  5. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…

ピックアップ記事

  1. 黒五滝から黒五山を登る。北黒五山を経て黒五谷から岡本まで。道…
  2. 葺合町古輪谷から旧摩耶道を経て山門ノ谷へ。その後配水管の続き…
  3. 夙川水系どんどん川。六麓荘の橋巡りを経てユルギ谷を登る。
  4. 桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。
  5. 水無谷東尾根から灰形山。太陽と緑の道を下って有馬温泉。
  1. 裏六甲

    猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。
  2. 布引・北野

    布引谷をウロウロ。谷川橋からごく短い谷を登る。
  3. 摩耶

    摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平道を辿る。
  4. 長峰

    岩ヶ谷右俣を最奥まで詰めてみる。ジェンガフォールとはこれいかに。
  5. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
PAGE TOP