住吉・芦屋

0

季節外れの岡本周回。保久良神社から七兵衛山。風吹岩を経て薬大尾根を下る。

2020年3月21日 日曜日。9:30起床。連日テレビではやれ新たな死者数が何人だの、不要不急の外出は控えてだのと…本当に滅入る。こうして呑気にブログ更新するのはどうなんだと思ったりするけれども、気候も良いし久しぶりに山に行くことにした。運動しとかないと太ってしゃーない。


阪急神戸三宮から特急に乗って岡本で下車。西へ向かい天井川沿いに北へ上がると岡本公園への案内がある。
満開の時期からは一ヶ月以上経っているけれど、見に行ってみようと思う。


公園に入ってすぐあたり、スイセンがきれいに咲いていた。


公園内の梅は99%散っていて一番上の方にある木にわずかに残るのみ。しかしとても爽やかな香りが一帯に漂っている。続いて保久良神社の梅林に行ってみることにした。

岡本八幡神社の手前、禊橋を右岸に渡り川沿いを進んでいって住宅手前。ここから保久良神社方面へ進んでいく。
一見マイナーそうな道なんだけど、意外に人が下ってくる。


13時頃ということもあってお昼休憩の人が割とたくさん。ここもほぼ梅は散っていて上の方にわずかに残るのみ。


保久良神社を抜けて桜の回廊方面(金鳥山)へ。あと1〜2週間くらいで満開なのかな。2019年4月6日に歩いているんだけど、その時は満開手前だった。
今日はこの道標や案内図がある場所の木が咲いているのみで、他はモヤッとした感じで咲くのは少し先みたい。
しばらく登って金鳥山の休憩所でカフェオレ休憩。


賑わう休憩所をあとにして北へ進むと3つに道が分かれる。七兵衛山へ向かうべく左奥の水平道へ。


今日はけっこう暑いものの、この水平道は影になっているし、風も爽やかでとても気持ちいい。


立派な根をもった大木に出会う。金鳥山方面への案内が根の間に付いているね。


八幡谷を渡って七兵衛山方面へ。そういえば2年前に八幡谷をほぼ完全遡行したなぁ。もうそんな元気がない…。とりあえず山頂へ向かいましょ。

1

2

久しぶりの山歩きは大師道から山田道を経て谷上まで+近況報告。前のページ

北野の桜を見てから地蔵谷を登る。石柱探索はまたも空振り。学校林道から雷聲寺へ下る。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  2. 神戸市境界石No.82・87・96・97・98 黒岩尾根から…
  3. 神戸市境界石No.57 林田区境界を歩く。高取山から獅子ヶ池…
  4. 神戸市境界石No.80 石柱の番号を確認しに高雄山へ。再度山…
  5. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…

ナレッジ記事

  1. 遡行図記号をイラストレーターで作成し、遡行図を作ってみる。
  2. 【神戸100年 写真集】明治以降の六甲山周辺の風景。
  3. 六甲山不法投棄とゴミ。神戸市環境局と六甲山美化協力会に問い合…
  4. OSPREYバリアント37がリコール対象になる。2日後には新…
  5. 新湊川水系天王谷川天王ダムの階段立入りについて神戸土木事務所…

ピックアップ記事

  1. 鍋谷ノ滝を経て桂ヶ谷支流の煙草谷を登る。
  2. 北野谷から布引貯水池周遊。貯水池西にある奥サブ谷から浅間ヶ丘…
  3. 追谷川遡行。追谷墓園奥から市章山の脇を抜ける。浅間ヶ丘道を経…
  4. 北野背山 合の谷(合ノ谷川)を遡行する。
  5. 敏馬神社から島田道を経て摩耶ケーブル下。摩耶東谷を下って深谷…
  1. 菊水・鍋蓋・再度

    鍋蓋地獄谷左俣を登る。山頂経由で小部隧道南谷(仮称)を下り大滝に出会う。
  2. 住吉・芦屋

    芦屋川支流ミツガシ谷を登る。黒越谷東尾根を下り奥池へ。観音山から甲陽園まで。
  3. 住吉・芦屋

    弓弦羽岳はどこなのか?弓弦羽神社から前ヶ辻谷西道(仮称)を経て三国岩から802.…
  4. 菊水・鍋蓋・再度

    天王谷川遡行、天王ダムを越えて鍋蓋地獄谷へ。ダム下流右岸に道はあるのか?
  5. 住吉・芦屋

    岡本 大谷川(西天上谷)遡行。新池を経て打越山まで。
PAGE TOP