廃道一ヶ谷道を歩いてみる。六甲ケーブル下駅から山上駅まで。

2017年9月10 日曜日。9:40起床。ちょっと前にヤフオクで昭和24年の神戸首部の地図をゲットした。それをもとにしてこれから「旧道廃道シリーズ」をやってみようと思う。第一回目は一ヶ谷道。


赤破線が今日歩いてみたいところ。水色破線は現在の天望尾根(一ヶ谷西尾根)、黄色破線は油コブシ道。現在の地図に重ねると若干地形が違うので、果たしてちゃんと歩けるのか少し心配だし、そもそも道があるのかどうかもわからない。


阪急六甲から106系統に乗ってケーブル下駅で下車、破線通りに行くなら写真右手から山へ入るところだけど、石垣に阻まれて入ることができない。石垣にある看板は「六甲鶴寿園」のもの。木代重行という方が創設した老人ホーム群。坂道を登り、建物の間を縫うように進む。


私有地ということもあり、どこからも山へは入れず結果ここ。油コブシ道に一旦入って行くことにした。


手すりがある道を少しばかり進むと分岐があって、真っ直ぐ進むと木代重行翁銘文の碑があった。背面には施設創設に関する記載がある。さて、油コブシ道に戻って進む。数メートル進むと左手に鉄塔があり、そこから一ヶ谷方面へ進んでみた。「たき火禁止」と貼られている木があって、そこから先をもう少し下ってみる。


斜面を下って北側を見る。笹に覆われて判然としないけど、どうも水平道があるように見える。しかし進むのが少々キツい。登山道に戻ることにした。


油コブシ道が東へ展開し始める手前の地点。これ以上進むと一ヶ谷から離れてしまうので、ここで登山道に別れを告げる。写真正面の暗く映る先にある尾根に乗ることにした。


尾根に乗って進むと左脇に小さな岩場があって、そこには落石防護用のワイヤーが張られていた。写真には写っていないけど、下にはケーブル敷が見える。さて進む。


おぉ!明らかに道といえそうな踏み跡が!しかしワイヤーを張る工事用の作業道かも知れない…しかし逆に昔の登山道を利用したとも言えそう。

なかなかはっきりした踏み跡が続く。かつての地図と比較してもこのあたりは割りと忠実にトレースできていると思う。

明瞭な踏み跡を進むも、一部で道が流されていたりする。滑ったらケーブル線まで一気に落ちてしまいそう。注意して進む。


ケーブルからも見える滝に来た。土橋の滝というらしい。奥には一ガ谷第二砂防ダム。以前一ヶ谷を歩いた時は谷通しで歩いたので同じようにスリットを抜けて行こうかと思うも、今日はそういう展開は望んでいない。


下流を見るとそこにはケーブル敷のアーチが見える。手前には用無しのバイパストンネル。なんのために作られたんだろう?この滝をまたぐ地点から先、どうも道らしいものが消えているように見えた。さてここからどう進むか思案。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Twitter

最近のコメント