菊水・鍋蓋・再度

0

神戸市境界石No.73・74 七三峠から極楽谷周辺。三森谷から林道経由で平野まで。


神戸実業学院を過ぎてここ。市道を離れ七十四号の石柱へ進んだ地点まで戻ってきた。その南側に新しく造られている森林管理道がある。ここを進んでみようと思う。1年前はすぐに行き止まりだったけど、今はどうなっているんだろう?


H30.3月とついこの前設置されたことになる案内板。工事中なのか一部は破線で示されている。


前回から1年と2ヶ月、工事はまったく進んでいないようだ。道は突如として途切れている。しかし案内板を見る限り工事の予定はあるようで…とりあえず道ができる前に工事予定の部分を辿ってみようと思う。


この一帯は複雑な地形になっていて、どうやって林道を作るのかすごく興味がある。


建設予定の場所には杭とピンクテープがあるのでそれを追っていく。


杭とテープを頼りに忠実にトラバース。本当にこんなところに道ができるのか。難工事だろうし、それが延期している理由だろうと思う。


それにしてもどこもかしこも倒木だらけ。多目的管理道とのことだけど、何をどう管理するのか…。


平野谷西尾根と交差する地点で森林管理道の続きが見えた。この区間はいつになったら完成するのやら…。このまま森林管理道を進んでいくことにした。


一部にはこのような案内があって、一応ハイキング向けではあるようだ。


主要な林道に出合う。左に行けば猩々池、右に行けば平野谷。平野へ下ろう。


この林道は二本松林道の続きなのだが、ここも「二本松林道」なのかどうか、少々謎。平野谷の上流にはこうして乗用車が転がっているし、周囲の山腹には苗木保護のハイトシェルターのゴミが散乱していて嘆かわしい。

平野谷のハイキング道分岐を見送って最後まで林道を歩いてきた。下に見えるのは有馬街道。街道沿いを下っていく。と、神姫バスが見えた。なんとしても乗りたいと思いダッシュで平野橋BSへ…なんとか乗ることができた。平野まで160円、そこから市バス7系統に乗り換えて山本通3丁目まで。
今日は変な出会いからスタートし、山中の遺構を見たり、神戸市境界石も2本見つけられ、個人的にはなんだか満足な一日。もう少し探索していこうと思う。
神戸市境界石更新情報はコチラ

今日歩いた軌跡

1 2 3

4

神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを経て高座金清橋BSまで。前のページ

古代山城 鬼ノ城周遊から岩屋、犬墓山ハイキング。GW前半の実家小旅行など。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 獅子ヶ池から神戸市区境界を追う。苅藻川を経由してひよどりごえ…
  2. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  3. 神戸市境界石No.67・71 イヤガ谷東尾根3本鉄塔手前と菊…
  4. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  5. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  2. 布引貯水池管理橋の先にある謎のレンガ造りの建物について。
  3. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…
  4. 山行記録のまとめ方改その2。地理院地図でルートのまとめを作成…
  5. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。

ピックアップ記事

  1. 布引貯水池周遊。貯水池北西にあるササ谷を抜け再度東谷鉄塔巡視…
  2. 葺合町古輪谷から旧摩耶道を経て山門ノ谷へ。その後配水管の続き…
  3. 住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防…
  4. 日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  5. 地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返…
  1. 住吉・芦屋

    寒天山道東の崩落斜面を見に行く。
  2. 長峰

    日柳川左岸の山小屋跡を見に行く。山小屋跡から支流を登る。
  3. 摩耶

    葺合町周回。苧川谷杉尾谷右俣を登り、旧摩耶道から東山西尾根を破線道通りに下る。
  4. 布引・北野

    2日連続布引谷へ。神戸市中央区葺合町山郡 謎の水平道と286mピークとゴルフ場跡…
  5. 住吉・芦屋

    弓弦羽岳はどこなのか?弓弦羽神社から前ヶ辻谷西道(仮称)を経て三国岩から802.…
PAGE TOP