裏六甲

, 0

仏谷を登って仏谷南尾根を下るという寄り道を経て、シラケ谷を登る。


出だしは明瞭な踏み跡。木には白色テープが頻繁に巻かれている。しかし2度ほど外してしまう…谷筋をトラバースしたりしながら尾根を下っていく。


仏谷南尾根を下ってP611。ここには松が植えられていた。足元には上唐櫃林産農協の赤い杭。この尾根には同様の杭が数本ある。


南方、シラケ谷に向けてショートカットしようと思ったけど、なんだか厳しそうな斜面で諦める。尾根通しで下る。下った先は先人谷砂防ダム。その下流側から谷に下りた。


対岸の林道へ向けて渡渉する。なかなか良い雰囲気の渓流。


印象的だったのでパノラマ写真を撮っておく。にしても、グーグルストリートビューのスマホ撮影はほぼ一発勝負。影が入ったり、光が入ったりでなかなかうまく撮れない…。


林道に出て南側の谷筋…なんだこれは…。谷止でもできるのかな?なかなか険しそうな谷筋。また行ってみたいと思う。写真左、林道を進んで次の谷筋にも重機が並んでいた。


右手に保安林の看板がある地点からシラケ谷の林道に入る。林道は谷筋からはやや離れている。大きな滝もあったりするんだけど林道を進むと見逃してしまう。少し歩いて左手を見下ろすとシラケ谷砂防ダムも新しくなっていた。


奥山川ポンプ場手前の水没地点。左の丸太を伝えば濡れずに済む。坂道を登っていく。


奥山川ポンプ場に来た。一年前と随分ようすが違って驚いた。こんな岩屑はなかったし、舗装路チックな道があったんだけどなぁ。
写真右奥が本流。中央が仙人窟、左は東谷だ。


取水堰堤を小さく巻いてシラケ谷本流へ進むことにする。ちょっとだけ面倒な展開。


砂地を歩くとズモっと沈んでしまった…。ある意味足跡を残してしまう。この写真の右手には看板があって「この水は上水道の水源ですからよごさないようにしましょう」とある。錆びてて不明瞭。


というわけであまり水流は踏まないように上流へ向けて進んでいく。

1

2

3 4

鷹尾山経由で荒地山。東お多福山からバス停に下る。前のページ

神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点について。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 神戸市境界石No.55・62 高取山一の宮道経由で獅子ヶ池を…
  2. 神戸市境界石No.85 黒岩尾根から派生する尾根にて。どうや…
  3. 神戸市境界石No.59 獅子ヶ池東244.9mP付近にて。高…
  4. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…
  5. 神戸市境界石No.88 天狗道から掬星台へ。

ナレッジ記事

  1. 忘れ去られた谷と岩場。六甲学院 山岳部誌「たきび」を紐解いて…
  2. イラストレーターとHTMLで摩耶_長峰山詳細登路図(仮)のク…
  3. 六甲堰堤と山田堰堤間のイノシシの死骸についての続報と対策につ…
  4. 神戸市灘区の西郷川から青谷川そして老婆谷。その起点と終点につ…
  5. 埋もれゆく美しい杣谷周辺の情景。過去と現在と。

ピックアップ記事

  1. 菊水第2ルンゼ(仮称→菊水北ルンゼ)を登る。菊水ルンゼ北の谷…
  2. 猪ノ鼻滝上流右支、岩谷を登る。風呂ノ谷を下って有馬口まで。
  3. 天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下…
  4. 須磨名水の森入口から天井川右俣。須磨アルプス馬の背を経て、東…
  5. 猪ノ鼻の頭パノラマ道から長尾谷上流(竹谷〜淸水谷)遡行。記念…
  1. 摩耶

    桜谷道西の廃道 徳合道探索2回目。廃道はやはり廃道。
  2. 裏六甲

    船坂橋から樅ノ木谷を登り船坂峠。細ヶ谷西尾根から細ヶ谷を下ってエデンの園へ至る。…
  3. 長峰

    六甲川遡行。大土神社脇から入渓、都賀谷上流右俣から丁字ヶ辻まで登り詰める。
  4. 長峰

    日柳川右岸支流の三又谷を登る。
  5. 布引・北野

    布引谷をウロウロ。谷川橋からごく短い谷を登る。
PAGE TOP