摩耶

, , , 0

摩耶東谷深谷第4堰堤手前から支尾根へ。旧道跡かも知れない水平道を辿る。

dsc_0134
剥き出しの配水管が走っている。かつては道に埋設されていたと思う。流されてしまったんだろう。

dsc_0139
水平道を追っていく。六甲摩耶再度山でみると「(旧道)摩耶東谷」なる道は左岸の山腹にあるようす。その道の名残りではないだろうか。ちなみに右岸にも配水管の道が虹の駅にまで走っている。

dsc_0143
上野道の宝篋印塔があるコルの下まで来た。さて今来た水平道を戻ろう。

dsc_0146
こうして見ると明らかに斜面を切って開かれた道のよう。

dsc_0152
このあたりはしっかり埋設されているようす。足元には杭があった。何もないところに配水管を埋めたとも思えなく、かつてあった道に敷いたんだと思う。

dsc_0156
ピンクテープ地点まで戻ってきた。左は登ろうと思っていた尾根。水平道が続いているので予定変更。水平道を追う。回り込んだすぐ先で崖になっていた。

dsc_0163
崖の下から回り込む。配水管が頭上に見える。右の階段状を登ろうと思うも、岩を掴むと剥離する。崩れてしまいそう。ここは浅い谷状になっているので少し下ってから登り返す。

dsc_0172
どうもこの周辺は崩れやすいらしく管が剥き出しになっている箇所が複数。

dsc_0174
古い鋼製の管に簡易ながら塩ビの補強が施されている。少なくとも一回はメンテされたよう。管は右奥に続いてるのでさらに崩れた岩場の水平道を追う。

dsc_0189
ここも流されてしまったんだなぁ。なかなか危ない展開が続く。何処につながっているのか。とことんまで行ってみる。


進んだ先で谷筋に下ると透過型鋼製堰堤がある。パイプはスリットの間を抜けてさらに上流へ。しかしこのパイプはいつできて、いつまで稼働していたのやら。

dsc_0200
昭和46年度摩耶山国有林第3号コンクリート谷止が取水ポイントだったようだ。多分ここから現在の虹の駅周辺にある施設に給水していたのかなと思う。稼働していたのはわずかな期間だったのかな。何かしら御存知の方いらっしゃるかしら。

dsc_0206
第3号コンクリート谷止を越えて次の谷止手前。謎のレンガブロックが転がっていた。さてこの先谷を詰めても谷止群や星の駅があるのでやっかいだ。

1 2

3

4

天神谷を遡り、紅葉狩りに修法ヶ原池へ行く。前のページ

ハーブ園東尾根を登って布引ハーブバーガーを食べに行く。次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AND 絞り込み検索

  • カテゴリー

  • タグ

  • キーワード

神戸市境界石

  1. 長田区一里山町の山中にある境界杭について問い合わせる。
  2. 神戸市境界石No.65 鵯越墓園西側の尾根筋にて。
  3. 神戸市境界石No.69 菊水山駅東尾根(仮称)から菊水GCを…
  4. 神戸市境界石No.116・98・97・96・95・94・92…
  5. 神戸市境界石No.75・76 大師道から鍋蓋山へ。七三峠から…

ナレッジ記事

  1. 【神戸100年 写真集】明治以降の布引周辺の風景。
  2. 神戸市立森林植物園の「正しい出入り」について問い合わせる。
  3. 正式二万分一地形図集成 関西 1892-1912でみる神戸市…
  4. 城山展望公園の現在 ハンター谷を登り北野谷西尾根を下る。
  5. 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」に行ってみる。…

ピックアップ記事

  1. 石井川上流 開ヶ谷を登る。ガーデンレストラン風舎から清水谷を…
  2. 学習の森から洞川キャンプ場を経て妙賀山へ登る。谷筋へ下り、北…
  3. Tenseien-Path 天清園道(湊山谷)・菊水山・城ヶ…
  4. 青谷川初見のゴルジュと滝群。老婆谷中俣を詰めて摩耶山へ至る。…
  5. 二十渉堰堤下流の支沢から黒岩尾根を経て、掬星台へ至る。
  1. 長峰

    長峰山東面 六甲川右岸の谷を登り下り。連続小滝手前で見落としたものを探しに。
  2. 住吉・芦屋

    天狗岩駅尾根を下り地獄谷経由で赤滝谷遡行、天狗岩南東尾根を下る。
  3. 布引・北野

    布引谷ルンゼの先で昭和初期の念仏碑に出会う。
  4. 住吉・芦屋

    住吉川下流域遡行。ゴルジュ、滝、淵。住吉堰堤から小峰ヶ原砂防ダムまで。
  5. 摩耶

    地蔵谷の大滝左岸支谷から天狗道を経て黒岩尾根の支尾根を登り返す。
PAGE TOP